製品紹介

薄板ばね

止め輪(スナップリング、サークリップ、リテーニングリング、Retaining ring)

止め輪は、穴または軸に加工した溝にはめ込み、隣接する部品を固定する為に用いられています。大きく”偏心型止め輪””同心型止め輪””スパイラルリング(巻き止め輪)”の3種類があります。
当社は、JIS規格の”C形・E形止め輪”を始め、規格以外の特殊なものついても、成型から熱処理-表面処理-包装の 社内一貫体制でお客様のニーズに応じ、幅広く提供しております。

C形止め輪(スナップリング ) E形止め輪(Eリング)

C型止め輪(スナップリング)は、軸やベアリングが軸方向に抜けないように(スラスト荷重に対して)、軸や軸受けの縁に溝を切ってはめるリング状の止め輪です。穴に装着し、構成部品の集積公差を補うのが特長で、軸用(S)と穴用(R)があります。
E型止め輪は、特長はC型止め輪を同じ特長を持っていますが、無い毛の突出部の3点止めで、この3点が溝に接触し、”留め”として機能します。

同心型止め輪

同心型止め輪は、どの面をとっても板幅が一定な形状をしており、軸や軸受けに円周溝を切り、スラスト方向から挿入して使用されます。 主に保持部品を止めるリング状の止め輪です。 前述のC型止め輪などは偏芯していますが、同心止め輪はその名の通り内径と外径の中心が同じタイプで、これも軸用と穴用があり、目的・用途に応じて使い分けられます。

スパイラルリング(巻き止め輪)

スパイラルリングは通常の止め輪と同様に部品の保持の為に用いられる製品で、低荷重用から重荷重用と各種タイプが揃っています。
ハウジング/ボア内部や、シャフトの外側の機械加工された溝にはめ込むと、溝に対し360°すべての面で接触し、しっかりした固定が可能となるのが特長です。
製法はコイリング加工で、プレス加工と違い、バリ・カエリなどの発生がなく、材料の無駄が少なく済む点と、金型設計の必要がない為、コストの抑制にもなります。

 

お見積り、ご注文、サンプル請求など、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

TEL 03-3838-1033

PAGETOP

  • カーリットホールディングス(株)HP