製品紹介

コイルばね

コイルばね

”ばね”という言葉を聞いて一番連想されるのがこの”コイルばね”です。
使用用途は様々で、自動車部品から産業機器、精密機器、家電製品などの身近なものまで、あらゆる分野に幅広く使用されており、細長い線材を螺旋状に巻いたものが一般的です。

押しばね(圧縮ばね)

押力に対しての反発力が特長な、ばねの基本形です。
他の線ばねに比べて線形が簡単で量産しやすく、コンパクトに設計できます。
コイル形状は一般的な円筒形以外にも、目的・用途に応じてコイル径を変化させているものもあります。

引きばね(引っ張りばね)

こちらは引っ張り荷重を受ける事を目的としたばねで、押しばねと反対の性質を持っています。
初張力を有効に利用して、スペースを小さくする為に密着した巻き方をされます。
荷重を受ける為の両端に付き、目的・用途に応じた形状をしています。

ねじりコイルばね(トーションばね)・ダブルトーションばね

コイル中心軸まわりに、ねじりモーメント(トルク)を受けるのが特長で、荷重が加わると曲げ応力が発生します。
このばねに加える荷重はコイルを巻きこむ方向にかかり、
身近なところでは、開閉する箇所には必ず使われており、
目立たないけど様々なところに使用されています。

線加工品・ワイヤーフォーミング

線状の材料を、プレスマシンやフォーミングマシンを使用して様々な方向に曲げ加工して作られております。
目的・用途に応じて様々な形状のものがあります。

お見積り、ご注文、サンプル請求など、お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ

TEL 03-3838-1033

PAGETOP

  • カーリットホールディングス(株)HP